2018年6月15日金曜日

熊本への想い


個人事務所の慰安旅行を、厳しい(?)台所事情を無視して、6月8日金曜日から1泊の弾丸ツアーを挙行しました。

 県営名古屋空港はセントレアよりも至近。FDAという静岡の航空会社の、色とりどりの12機が、全国の適宜の空港にアクセスしています。13時35分発、色鮮やかな黄緑色の機体で熊本空港まで70分のフライト。九州の地に降り立ち、バスに乗り換え、とある温泉旅館へ。

 土地家屋調査士として、平日金曜の熊本市内を経由して、阿蘇の火山帯丘陵地を抜けていくバスの窓から観る景色として気になったのは、復旧工事途上の国道、県道、崩落した丘や山肌の現状でした。

  2年前の4月14日。そして16日にわたって、熊本県と大分県で発生した震度7の熊本地震。直接の死者50名、関連死を加えると267名の尊い人命が失われた最大の被害地こそ、熊本空港がある益城町と南阿蘇村でした。50名目の死者として、4ヶ月後に22才の大学生のご遺体が、黄色のトヨタ「アクア」から発見されたことを記憶されている方もみえると思います。

 崩落した阿蘇大橋の下流約400mの川岸。ご両親らが独自に捜索を続けられて7月24日に車を発見。8月11日に熊本県警や消防の方々が本格的な捜索を再開し、収容され、焼香・・・。




 熊本会の吉田末春会長によると、土地家屋調査士の政治連盟入会率99%(284名中282名 H27.4月当時)をバックに、先の震災時には会の会員が罹災状況の調査や多くの活動に、それこそ作業着にて、汗を流されたとのこと。

 
 新しく架けられる阿蘇の高架橋工事を横目に見ながら観光バスにて通過する際、目の潤んだガイドさんの説明を耳にしながら、思わずハンカチを用いた次第でした。

 

2018年6月12日火曜日

相続税務


総会後、あっという間の6月中旬へ。1ヶ月経ちました。

 中部ブロック・連合会。各々総会がまだあっての執行部2年目です。

 

 紀州のドンファン、こと野崎幸助氏 77才の死去の後、㈱アプリコを経営する社長他界後の個人、法人土地の名義変更に、資格者としては、むしろ気をとられます。

22才の旧姓須藤早貴さんが4分の3、いわゆる正式な配偶者となられて手続きをすすめられるのか。まさか、仮に殺人、殺人未遂の実刑確定による法定相続権欠格者となった場合、相続税申告の当事者は、他の兄弟6名・・・・且つ、ご長男等が亡くなられているらしく、甥姪の方々への相続税負担も考えると、5月24日から10ヶ月目の相続税申告期日、平成31年3月24日には、50億の総資産(個人か法人か不明…)のMAX38億が(法定相続分4分の3)早貴さんへ、6人の他の兄弟(甥姪の代襲相続も既に発生とのこと…)1人あたり2億の法定相続分があるのですから、納税資金捻出も大変です。

 

 どうやら、遺産分割協議には、8ヶ月+αの介護を亡くなる寸前まで働かれた60代の家政婦さんも加わって、寄与分4000万円を要求されるような状況ですね。

 遺贈は正式な遺言様式が整わない限り、×。そして遺言書で愛犬イブちゃんへの相続も、勿論×。

 

ですから、僕の心配の対象は、亡くなって10ヶ月目。3月24日迄に誰が相続税申告を、50ヶ所の遺産不動産の評価についても、粛々と計算されて、申告納税することになるものか?

 申告を延ばせば、延滞税14.6%が3ヶ月目以降かかります。

 恐ろしや・・・

 

 愛知会では、7月12日(木)ウインクあいち(大ホール)午後18時15分より、又、豊橋商工会議所にて7月27日(金)午後13時30分より、相続税等の税務に関する定例研修テーマを用意しました。

会場にて、ドンファンの相続についても解説いただきましょう。